「ほっ」と。キャンペーン

不景気だからこそ


by t7fxsqpby9

全頭殺処分、地元は困惑=県知事「やむを得ない」(時事通信)

 「混乱している」「仕方がない」―。宮崎県で被害が拡大する口蹄(こうてい)疫問題で、国が19日に発生地から半径10キロ圏内の家畜の全頭殺処分や、周辺地域農家に対する家畜の早期出荷要請などの対策を打ち出したことに対し、県内では落胆や反発を含め、複雑な反応が広がった。
 東国原英夫知事は同日、殺処分や早期出荷は農家への十分な補償が前提条件とした上で、「この段階ではやむを得ない決定だ」と指摘。その上で、「農家の気持ちを思うと心が痛いが、日本全体の畜産に影響を与えるのでご協力いただきたい」と語り、農家に協力を求める考えを示した。
 しかし、関係者の動揺は隠せない。発生が集中する川南町。JA尾鈴の河野哲一企画課長(46)は「全く初めてのことで、混乱している。農家も苦慮しており、対応に精いっぱい」と話した。それでも、収束の兆しが見えない感染拡大に、「対策には期待したい」と願いを込めた。 

後楽園で恒例の茶つみ祭=岡山〔地域〕(時事通信)
機関紙投函裁判 控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)
桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)
「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見−B型肝炎訴訟(時事通信)
「就職難なのに」学生らに動揺…公務員採用半減(読売新聞)
[PR]
by t7fxsqpby9 | 2010-05-21 16:52